カノンがうちにやって来てから、我が家には笑顔がいっぱいになりました。キャッツママさんがカノンを保護してくれて、うちに幸せを運んで来てくれたのです
 

ブログはこちら


〜カノンのこと。〜

カノンは前の猫が12歳で亡くなってしまってから間もなくしてうちに来てくれた
我が家では二代目の猫です。

カノンは前の猫の死を悲しんでばかりだった私たちに、笑顔と幸せを持ってやって来てくれました。

前の猫がうちに来た時は月齢8ヶ月ぐらいだったので
月齢3ヶ月未満でやって来たカノンの小ささにはびっくりしました。
どんな隙間にでも入ってしまうので、カノンがやって来てしばらくはカノンを探してばかりでした。

そして動きの速いこと!!
いきなり飛び出して来るし、ちょっと部屋のドアが開いているとさっと飛び込んで来るし
今までいたおばあさん猫と同じ猫とは思えません。

それでも少しずつカノンはうちに慣れて来てくれています。
来てまもなくは、お昼寝の時に姿を隠してしまってましたが
少しずつ近くで寝てくれるようになっています。

最初はカノンの鳴き声も表情も意味が分からなかったのですが
少しずつ理解出来るようになって来ました。

このままいくと、きっと前の猫とのようにカノンともいい相棒になれるに違いないです。

初めて猫と生活をなさる方は
猫との生活において小さな壁には何度もぶつかるかもしれませんが
お互い気長に構えてのんびりといきましょうね。

『大好き』という気持は、必ず猫に伝わりますから。